葬儀の簡素化は時代の流れ

相模原市で増えている一日葬

お葬式の形態も様々な変化を遂げています。今、相模原市では一日葬という新しい葬儀の形態が増えています。相模原市で一日葬が増えている理由は何でしょうか?
通常のお葬式の形態というと、通夜と葬儀を2日に分けて行う形でした。しかし相模原市で増えている一日葬は、通夜を行わずに一日で葬儀と火葬を終わらせるものです。この一日葬のメリットは、まず遺族への負担が少なくなるという点です。通夜や葬儀は想像以上に遺族への精神的負担が大きいです。二日にわたって行うことで、故人との最後の時間もゆっくり過ごすことができません。一日にする事で、遺族の精神的な負担も半減する事ができます。
また、一日葬を行うことは費用的にもメリットがあります。通夜と葬儀を両方行うと、その都度食事代や返礼の品が必要となります。一日葬であればその負担が半減する事になります。また通夜自体をとりおこなう費用も削減できるというメリットがあります。また遠方から来る方も2日にわたると宿泊費が発生してしまいますが、一日葬であればそのような負担もありません。
今は葬儀も簡素化されている時代なので、余計な費用の負担が掛からないようにするというのは現代の流れの象徴かもしれませんね。

相模原市で選ばれる葬儀のプランと流れについて

親族が亡くなると葬儀をどうするか考えなければいけません。葬儀といっても、通夜式、告別式を行わない火葬式や、通夜式のみ行わない1日葬、家族や親戚ごく親しい方だけと少数で行う家族葬、多くの方に参列していただく一般葬などと様々な種類があります。そんな中相模原市で一番選ばれているのが家族葬です。家族葬は身内のみの出席となりますので参列者への細かい気遣いが不要になりますので遺族の心の負担も少なくなりますし、故人とゆっくりお別れすることができるということから多く選ばれています。相模原市は低価格で行なっている葬儀社も多く、選ばれている家族葬で葬儀に必要なものが全て含まれて30万円で行うことができます。
家族葬の主な流れは自宅などの安置先へのお迎えからご安置までを行い、納棺後火葬場まで搬送しお通夜と告別式を行い、その後日程を繰り上げて式中初七日、火葬という順番になり全てが終わった後にお支払いです。
このような流れは選んだ葬儀によって異なりますし、料金もどのプラン、追加料金により様々ですので見積もり後にわからないことは予め葬儀社に相談しておくようにしましょう。
どの葬儀を選ぶにしてたお別れのかたちは人それぞれです。相模原市には葬儀社もたくさんありますので、遺族の気持ちを考えた葬儀を選ぶようにしましょう。